痩身エステについて

痩身エステについて紹介します

痩身エステ自己ケア

痩身エステを受ける場合、ただエステサロンに身をゆだねるだけでなく、自己ケアも重要となります。そこでまず大切なケアの1つは運動です。エステで代謝率をどんどん高める施術を行います。だからこそ、運動をきちんと行うことが大切なのです。とはいってもきつい運動は必要ありません。ウオーキングを毎日30分行ったり、エレベーターをなるべく使わないなど、ちょっとした運動で十分です。今までウオーキングをしても体重がまったく変わらなかった人でもグーンと効果がアップ。

入浴はもともとデトックス効果があります。特に痩身エステを行っている人にとって、入浴はとても大切なケアです。半身浴や入浴剤などにもこだわってみましょう。アロマで心までゆったりすることも素晴らしいデトックスにつながります。また自分なりのマッサージを行うこともおすすめです。

そして睡眠は特に注意して、しっかり睡眠時間を取るようにしましょう。睡眠中にホルモンの代謝や新陳代謝が高まります。この時間を大切にすることも痩身エステのケアには重要です。早寝早起きを基本に痩身エステが終わってからも習慣を続けることが、痩身や美容のためにもおすすめ。睡眠リズムをきちんと身に付けるようにしましょう。

人気痩身エステマシン

痩身エステの技術の中でも特に人気のある、業界が注目の「キャビテーション痩身」をはじめ幾つかのご紹介です。「キャビテーション痩身」は超音波より深くまで届く周波数を利用して、脂肪を燃焼させていく新しい技術です。脂肪の直接影響を与えることができるので、即効性もあり今痩身エステの中でも注目されているものです。

この場合脂肪を温めることが大切なので、ラジオ波を利用してポイント的に脂肪を温めてから「キャビテーション痩身」を使用するという、ラジオ波と一緒に利用することがほとんどです。このラジオ波痩身は医療の分野でも利用されているもので高周波による温熱マシン。体の中の一部をポイント的に温めることができます。高周波を送ると体内から熱を生じさせることができるため、脂肪に高周波を送れば脂肪が自ら熱を出していきます。ラジオ波単独でも人気の高い痩身マシンです。

部分やせには「ルミセルタッチ」が人気。吸引とローリングによって脂肪を揉んでほぐしていきます。光照射をプラスした痩身マシンです。セルライトの分解とコラーゲン生成の促進も同時に行うことができます。またセルライト解消に人気があるのが「エンダモロジー」。ローラーとヘッドの絶妙な働きで柔軟性のある刺激を与えていきます。筋肉を動かすというストレッチ効果もあり、セルライトをほぐし凸凹を平らにしていくというタイプです。

〔関連HP〕キャビテーションを使った痩身エステ「ググッ!と全力ボディWプラン」を受けられるサロン たかの友梨
キャビテーション以外の痩身エステメニューもあります。

痩身エステの魅力

自分でダイエットができない、どうしても気になる部分があるなど、ダイエットについて悩んだらやっぱり痩身エステではないでしょうか。痩身エステの種類にはハンド系とマシン系、温泉系があります。まずハンド系はエステシャンの手を使った施術が基本です。ハンド痩身の場合マッサージによって固まった脂肪や老廃物を流していきます。そして人の手によるものは、やはりマシンには期待できないような癒しを得ることもできます。痩せにくい体質改善や、むくみによる肥満、ストレス太りなどにおすすめです。ただし、エステシャンの技術が相当結果に影響することがあるので、エステシャンを選ぶことも大切です。

もう一つのマシン痩身の場合は、ハンド痩身の魅力である手のぬくもりによる癒しはありません。しかし脂肪や筋肉に直接影響を与えることができるマシンは即効性があります。また気になる部分を徹底的にダイエットしていくこともできます。そのため即効性や部分的なダイエットケアや、最新技術を体験したい人にはおすすめです。ただしマシンもいろいろな種類があるので、いくつものエステサロンでカウンセリングをし、マシンの特徴などをチェックした上で、自分にあったマシンのあるエステサロンを選ぶようにしましょう。

温泉タイプの痩身エステというものもあります。体を温泉で温めて代謝を高めることを中心に行うタイプです。例えばゲルマニウム温泉の場合、40度前後のお湯に30分程度浸かって温泉を楽しみます。その後マッサージをプラスするとより脂肪や老廃物を流し、代謝を高めることができます。また他にもハーブ風呂などもあります。ヨモギやメディカルハーブなどをミックスしてハーブを蒸し、その蒸気を体に当てるというものです。